暖かい家を作る

寒いより暖かい方が良いに決まっていますよね。

今は、色々な技術で以前に比べ、安価で大変、優秀な部材が揃っております。

断熱材ひとつを取っても、種類は数しれません。
以前より使われていたグラスウール。
非常に優秀な断熱材ですが施工の時、気密性を良くする為に注意が必要であったりします。

その点、スタイロフォームと呼ばれている硬質ウレタンフォーム。
施工が簡単で比較的安価。
施工が簡単とは、ミスが少ない。それは、断熱性を比較的簡単に確保できると言う事です。
厚み(=コスト)も様々なので予算に合わせ選択できます。

最近は、硬質ウレタンの吹きつけがお勧めです。
液状の硬質ウレタンを吹き付ける工法です。
柱と壁に隙間無く吹きつける為、気密性を確保できます。
また、柱を繋ぐ金具等にも拭きつける為、金具からの結露も防ぎます。

色々、一長一短があります。ご相談下さい。



次は、窓です。

窓は、断熱材を入れる壁と違って、空気を取り入れる光を取り込む物です。
熱は、ここからが一番逃げていきます。
その窓を如何に効率の良い、断熱性能を持った窓にするか。
メーカーも試行錯誤を行っております。
以前は、外国製の木製のサッシが断熱性を考えれば良かったのですが、コスト面で非常に高いものとなっていました。
現在は国産でも十分、機能の良いものが開発されています。
デザインも沢山出ております。
窓は、家の顔です。
スタイリッシュな機能的な窓をお選び下さい。

断熱材、窓ともに各メーカーのカタログ沢山あります。

お問い合わせ下さい。


 


 ==>今までの履歴はこちら
 

Powered by HomeSherpa